国際チャリティ協会アムリタハート

設 立 趣 旨 書

世界には、多くの貧困や、戦乱、困難が存在しています。そして同時に、多くの富や豊かさが存在し、平和もまた存在します。日本は世界的に見れば、豊かさを成し遂げ、平和を確立しました。しかし、それで私たちは幸福でしょうか? 確かに多くの幸福を得ることができました。しかし同時に、社会、生活のいたる所で、今まで予想もつかなかった問題が発生しています。その多くは原因をつきつめていくと、精神的、あるいは心の問題が根底にあり、大人も子供も老人も、誰もが例外ではありません。

世界中に多数の貧困者を抱える地域があり、そこでは数え切れないほどの人々が貧困と恵まれない社会環境に苦しんでいます。私たちの設立メンバーの何人かは、世界の貧しい国の一つであるインドでの病院や住宅復興などのボランティア活動などを通じて知り合い、各自が自分でできる小さな地道な活動から始め、それが本会の結成につながりました。

今回特定非営利活動法人として登録する背景は、インドなど海外援助の募金活動を行っている者や、海外ボランティアに出かける者たち、あるいは、日本国内で路上生活者のための炊き出しを行う者、社会福祉施設などでボランティアを行う者、援助のための国際交流会やイベントを開く者など、それぞれの仲間が一つに集まり、活動を一つのグループの形としてまとまって法人化されたチャリティ団体とした方が、パワーアップして全体としてより大きな社会貢献ができると考えるためです。また、そうアドバイスしてくれる他のNPOグループもありました。それでこれを機会に、正式な団体組織として結成・活動し、人材やネットワークの力をつけ、同時に規律ある組織だった運営のもとに社会的信用をさらに高めるため、特定非営利活動法人として登録申請し、活動していくことにしました。
そして、特定の政治、宗教、国、信条にとらわれず、世界の恵まれない人々に対する援助奉仕活動を行う法人として、国際チャリティ協会アムリタハートは、上記のような精神のもとに、海外あるいは国内の、貧しさに苦しむ人、病気に苦しむ人、恵まれない人、災害に苦しむ人々などに対して、その生活、医療、教育面などで援助を行い、国際協力、保健、医療や福祉の増進に資することを目的として取り組みます。
また、生活の質の向上を促すための基盤として社会教育を重視し、インドやその他の国との国際文化交流や、ヨーガ教室などを通じて、助ける者と助けられる者双方の精神的向上、充実強化を図るための、援助関連知識・技能を学ぶ機会を提供します。

私たちは、この法人の趣旨に賛同くださる方々から寄せられる有形無形の様々な支援・援助を、それを必要とする人々に確実に届けられるような法人活動を行い、社会に貢献していくことを当然のこととして心がけていきます。

『アムリタ』とは、インドの言葉で甘露のように甘いという意味です。チャリティを行うのに、機械的に陥らずに、甘く優しい心を忘れないようにという意味で、会の名前につけました。 インドの言葉だからといって、インドだけに活動を限るという意味ではなく、むしろ、地域・内容など積極的に活動の輪を広げていきたいと思っており、 趣旨に賛同くださる方のご参加、ご支援を心からお願いいたします。


戻る